自己啓発

自己投資のお金を生み出す方法

 

起業を成功させ、事業を安定して継続していくためには、継続して学びを続けていくことが大切です。

そのためにも自己投資は欠かせません。

しかし、初めから資金に余裕のある人は少ないと思いますので、どうにかして資金を捻出しなければいけませんよね。

消費・浪費を抑える

まず、言葉の意味を説明すると、以下のとおりです。

「消費」とは、日々の暮らしに必要なお金の支出です。
主に衣食住に関わるもので、食費・光熱水費・住居費・被服費・保険料・医療費・交通費・通信費・教育費・文化教養娯楽費などになります。

「浪費」とは、簡単に言うと代表的なものに衝動買いがあります。また、その場の楽しみのために、後先考えないでお金を使ってしまうことです。

 

浪費はしないに越したことがないというのは分かりますよね。

 

でも、分かっちゃいるけど止められないのが浪費ですよね。

完全には止められないし、かえってストレスになることもありますので、よくやった自分へのご褒美とか、ここぞという時に使ったほうがいいかなと思います。

消費は全くしないと命に関わりますし、経済も停滞してしまうので、本当に必要なものを必要なだけ購入することが大事になってきますよね。

生活していくためには色々な費用がかかりますけど、ひとまず上記の費用の節約方法は以下のとおりになります。

・食費

外食の回数が多ければ、必要最小限に減らしましょう。また、自分が本当に大事にしたいお付き合いだけにしましょう

・光熱水費

ここを無駄遣いする人は、あまりおられないと思いますが、本当に必要な分だけ使いましょう。

・住居費

マイホームか賃貸かの論議は、ここでは控えます。ただ、自分の身の丈に合った住居に住みましょう。
経験談ですが、いざ家を建てるとなると、お金の感覚がおかしくなって、後で住宅ローンの返済に苦しむことになりますので、「身の丈に合った住居」を忘れないようにしましょう。

・被服費

「優越感を得たい」や「みんなが持っているから」の理由で買うのは浪費になりますので控えましょう。
日常使う洋服やバッグはだいたい決まっていると思いますので、無駄に買わないように気をつけましょう。
また、着る機会のない洋服やバッグは処分(断捨離)したほうがいいですよ。

・保険料

保険料が安ければ、それに越したことはありませんが、本当に必要な補償(補償額)なのかを確認してみましょう。
今はプロによる保険診断もあるので、それを活用されてもいいと思います。

・医療費

ここは節約しようがないところですね・・・
薬の買い方はあると思いますが(ジェネリックなど)。
自己免疫が強かったらいいですよね。

・交通費

公共交通機関を無駄に使う方は、あまりおられないと思いますが・・・やはり車ですね。
都市部でない地域は車が必須だと思いますので、身の丈に合った車に乗りましょう。
優越感を得たいという理由で買うと、あとで維持費やローンに苦しむことになりますよ。

・通信費

ここは特に携帯電話(スマホ)の料金が大部分を占めると思いますが、今は格安SIMもありますので、検討されてはいかがでしょうか。
ちなみに私は3大キャリアから格安SIMに乗り換えたことで、家族で月1万円ほどの節約になりました。

・教育費

子どもさんの教育費に関しては、ご家族のご意向もあると思いますが、他の経費を見直して捻出した分をここで自己投資に使いましょう。

・文化教養娯楽費

今はYouTubeなどで音楽も無料で聴けますので、活用できるものはどんどん活用していきましょう。
本はアマゾンのマーケットプレイスや古書店で安く買えますし、図書館で借りればお金もかかりません。

終わりに

自己投資のための資金の捻出方法について簡単に説明させていただきましたが、これはあくまで私の経験に基づく考えですのでご了承ください。

このブログを見られている方は浪費家でない方がほとんどだと思いますし、無駄な消費もされていないと思いますが、もし、この記事の中で1つでも参考になることがあれば幸いです。

私の経験では格安SIMへの乗り換えが一番大きかったと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

-自己啓発

© 2020 スピリフリー